【東京】Gを征す。

やりました、Gを征しました。(〃・ω・〃)

ちなみに、ジャイアンツでも、ジャイアンでもありません(しつこい)。

今朝、朝食を作り終え(自炊ガンバってます)、食事も済まし、さぁ、食器を洗おうとシンクまわりを片づけていると、ピクピク(ゾワゾワ)、としているほぼ仮死状態のGがそこに!

「ワッ(小さな悲鳴)」と共に、キモくて震えが止まりません(どんだけ、苦手なんだと。orz)

昨晩、なんとなく見かけたときに散布した、アルコールスプレーと●●ファイターが効いたのだと、思います。

それにしても絵に描いたように、ひっくり返ってピクピクしてます。

思い出しても、ヤバい。震えが止まりません。

最後の止めを、遠方より照射し、完全に静止したのを確認し、ティッシュでくるんで、ポリ袋に葬り去りました。

初目撃から、数日。

途中、見失うこともありましたが、皆さまの応援でなんとかGを退治することができました。

このGが最初で、最後であって欲しいと願うばかりです。

ちなみに進入経路を考えてみました。

結論から書くと、有力説は引っ越しの荷物を搬入する際に紛れ込んでしまった。というもの。

シンクで見かけたときは、排水溝?と疑ったものですが、どう見ても隙間がありません(細かい編み目のため)。ネットでは排水溝から、といった記事もありましたが、当家では難しそうです。

また、エアコンや通気口といった「穴」や「隙間」というものも確認しましたが、以前お住まいだった人が対策したのか、粘土のような材質が塗布されており、それらがほぼ完全に塞がっておりました。

そして何より、何よりですよ。

前回、登場してもらった不動産屋(仲介・鍵管理)が「Gは出ませんよ、聞いたことありませんよ(きっぱり)」と言っていたではありませんか!

ということで、今回のアクシデントは引っ越し、という外部から荷物が運び込まれた際にまぎこまれたのだろう、という結論に達しました。

ということは、すなわち、「もう、家の中にはGがいない!」と考えられるのではないでしょうか(楽観)。

でも、「いません」と言われていたものが「いる」と、全然、安心できないんですよね。安心しようと確信もないまま、その材料を探しているのかもしれません。

もうしばらくは、警戒心、解けそうにありません。

ガンバろう、日本!

ガンバろう、自分!

【東京生活】初日からG現る。

ワタシ、虫が全然ダメなんです。大きさ関係なく。

彼らも我らと同じ、生物。尊い、命を持っていることは知っているのです。

が、しかし。頭で理解していても、体が拒絶反応を示してしまいます。

東京へ引っ越しする話をするとたいてい、Gの話をされます。

ジャイアンツ、じゃありません。

そのたびに「ホントですか~!?」なんて言って、気にしていない風を装いながら、実は大変な恐怖を感じているのでした。

そして、ネットではGに対する予防策、遭遇しないための作戦、現れたときの対処法など、様々に検索をしました。

もちろん、住む家にそもそも居なければ、心配もいらないとタカをくくっていた手前、物件を探しているときに不動産屋(仲介)にGの有無を確認していました。

ワタシ「ここ5階ですし、小綺麗な感じで、Gいませんよね?」

不動産屋(仲介)「はい、1階は飲食店でもないですし、5階なのでいませんよ(キッパリ」

そして、鍵を管理している不動産屋(鍵管理)に、

ワタシ「あそこはGいませんか?」

不動産屋(鍵管理)「転居した方からも、GやNの話は聞いたことがありませんよ(きっぱり)」

ワタシ(心の声)「Nって、さらっと言ってるけど、ドラえもんも卒倒するあれだぜ。そんなものも東京にはいるのか。。。orz」

不動産屋(鍵管理)より鍵を預かり、いよいよ入室です。

この時点では、まだ荷物もなく、クロスも床も新しく、いい感じです。

小さな小さな、コグモも今となっては問題ではありませんので割愛します。

そして、待っていると、頼んでいた家財一式やアマゾンで注文した家電が続々到着します。到着の度に開封、とりあえず適当なところにおきます。

といったことを繰り返して、その日は終了となりました。

そして、翌日、朝食をとり、納豆や卵を食べたあと、それらを台所において会社へ出発したのでした。

(それが失敗でした)

夜も21時近くに家に到着です。

不慣れな手つきで家の鍵を開けます。

ドアを開けます。

まだ、排水溝から生臭い臭いがあがっているようです。臭い。

部屋の電気をつけます。

段ボールがあったり、まだ全然片づいていません。

部屋の真ん中までいきます。

大きな変化などは特に感じません。

そのとき、何となくシンクに目線を移すと。

いるじゃないか!

誰もが「いませんよ(きっぱり)」と断言してくれたGが。。。

人生初のご対面です。

一瞬、ドラえもんになれた気もしましたが、そんなことはさておき、全身警戒モードです。凍り付いています。腰は抜けませんでした。

部屋の明かりに、人の動きに、ワタシの熱視線を感じたのか、

納豆やら卵の殻、紙パックのジュースの周辺をカサカサ動いています。

ワタシは相変わらず、硬直していて、何もできません。

ドラクエの勇者たちの気持ちも少しわかった気がしました。

さて、ナントカしなければなりません。

いったいGはどこからきたのか?そして、どこへいくのか?

見届けないと、今晩眠れじゃないか!と思いつつ、状況は全然、膠着、好転する気配すらありません。

Gはシンク以外へいかなさそうでしたので、ここは22時に閉まってしまう、ドラッグストアで強力な武器を入手しよう!と、そろり、ソロリと家をでて、小走りでドラッグストアへ。

気にしていなかったものの、こんなに対策品があるのかと、びっくり。商品名も「●●ファイター」や「●●ジェット」など、オドロオドロシいキャッチーな名前が並びます。

いったい、どれが良いのだ?と、素朴な疑問が湧いてきます。

けれども、その間にもGは部屋を蠢き、援軍を呼び、ワタシの部屋を滅茶苦茶にしてしまうかもしれない。。。

商品を比較したり、ネットで評判を検索している時間はない!一刻一秒が大事なのです。

購入したのは「●●ファイター」。

ワタシは一人。ただのサラリーマンです。サラリーマンではGに勝てません。

そうです、「ファイター」=戦闘士にならないとGとの死闘は抜けきれないのでしょう。ワタシの直感と眠っていた闘争心が「●●ファイター」を手に取らせました。

ワタシ(心の声)「これで闘おう」

レジのお姉さんが商品を渡してくれるときには、これからの闘いに挑むワタシへの温かいエールを感じました(何も言われませんでしたけど)

武器を片手に、玄関を開ける間から商品は開封。

鍵をあけます。

電気をつけっぱなしの部屋の灯りが外へ漏れます。

ゆっくりと、ゆっくりとシンクへ近づきます。

納豆やら卵の殻は相変わらず、そのままです。

シンクの全景が徐々に目にはいってきます。

全てが目にはいります。

おや?

Gがいない。

どこへ?

部屋に本格的に進入か?

ゾワゾワ、イヤな汗が背中をゆっくりしたたります。

シンクの排水溝や冷蔵庫の背面や下をのぞき込んでいも、Gがいません。

どこへいったのか。

あちこち「●●ファイター」を発射しても、ガスのシュッ、シュッとしか音がなくGの影はまったくありません。

ようこそ東京へ!という、Gなりの歓待か?などと、変なことを考えながら、あちこちのぞき込むものの、見つからず。

とりあえず、シンクのなかのゴミを洗い、キレイにします。

目撃したGの特徴を検索すると間違いなくGでした。

翌日も現れることはなく、今に至っています。

毎日、シンク周りをキレイにしながら。