味が違う

先日、奥さんと訪れたお店に、一人で再訪しました。

けれども、なんか違う。この前の美味しさが違う。

お店の人は変わらず、フレンドリーな、気の効いた良い感じです。

奥さんと一緒に食べる方が断然美味しいと実感しました。

【東京】神楽坂

東京生活(まだホテル暮らしですが)が始まって数日が経ちました。

昨日は神楽坂へ

中小路が面白い、との事前情報を元に会社返りに立ち寄ることに。

たしかに「こんな先に?」と思えてならない、幅30cm程度の小路を進むと、突然が視界が開けて、京都の下町へと言った感じです。

神楽坂の人通りの多さからは想像できないほど、静かですけども、様々、大小の小料理屋が立ち並んでいます。

また、神楽坂というぐらいで、比較的傾斜のキツいところもあり、それが街を立体的に、情緒を醸し出しているのかもしれません。

下り階段のところどころに、赤提灯がでていたり、小民家を改装したイタリアン店であったり、また「一見さんお断り」を感じさせる佇まいのお店まで、大変、奥深いエリアだなと感じました。

神楽坂、これから探検してみたいと思います。(〃・ω・〃)

【ともザップ】はじまる。

急遽、東京へ単身赴任することとなりました。

東京暮らしも、一人暮らしも30代にして初めてという状況です。

一番不安なのは「食事」。

突然ですが、ワタシの奥さんは料理が上手いです。(^^)

味付けや盛りつけ、レパートリーの豊富さと食への探求心には脱帽です。

そんな奥さんの手料理に10年ほども慣れると、外食はなかなか口に合うものがありません。ショッパかったり、脂が多かったりと。

ひとまず、自炊をがんばることとしますが、ちゃんとできているか、

奥さんに毎食、写真を送ることにしました。

名付けて、「ともザップ」(^_^)/

しばらく、家が決まるまではホテル暮らし=外食の日々が続きそうです。

そして、今晩は某チェーン店の「肉野菜定食」を送信。

チョイスは誉めてくれたものの、『塩分高めだね』と、

なぜ、写真だけ見てわかるんじゃーー!とワタシは彼女からの返信を見て、

ただただ感服するのでした。

そうなのです、たしかにショッパいのです。

定食についていた中華スープは申し訳ないのですが、半分以上残してしまいました。

食後も舌のピリピリ感はなかなか消えずじまい。

初日から奥さんの手料理が恋しくなってしまった一日でした。(〃・ω・〃)