【羅生門】新橋の焼鳥屋

新橋と銀座は目と鼻の先なんだな。来てみて歩いてみないとわからないものである。

さて、今日はJR新橋ガード下にある焼鳥屋「羅生門」である。

いかにも!って感じの屋体感のある炭でモクモクのプライベートゾーンなんてお構いなしのギュウギュウな店内。

着席すると、まずは瓶ビールを。それとすぐにできるとのことで、モツ煮込み。

そのあと、ネギマを注文。

基本、味はタレ。

店主と見られるおじさんが焼き台で汗かきながら頑張ってる。

職人感ありありで若干怖いが。

店員も察してか、動きがキビキビしてる。

メニューと値段はこんな感じ。

串焼きは2本からと書いてるものの、1本から可能。

お会計は大瓶ビール、煮込み、ネギマ2本で1,710円

美味しかったけど、値段がなぁ。

帰りがけ、隣に座ったおじさんが注文した気になる品々。

「とりこま」

「しのえ」

「なんこつ」

「なんこつ」は聞いたことあるが他2つが初耳。

気になったので再訪決定。

【息子のレベルアップ】小説を読むことに

小さい頃から本は好きなだけ買ってあげてきた。

恐竜や妖怪、ゾロリ系などなど。時にはスラムダンクやワンピース、最近はキングダムまで。

といっても、もっぱら絵が大半、漫画の多い文字少な目が本の大半でった。

だがしかし、息子は同級生の女の子が読んでいた「カラダ探し」というホラー小説の1巻目がえらく楽しかったらしい。

今日、TSUTAYAにいったら、その続編を発見したようで、「買って」と。

また、漫画なのかな?と開いてビックリで。

活字が並んでいる❗

楽しいなら、小説も読むよ、と得意気な息子をみて、成長を実感した1日であった。

これからもっと、色んな本に出会って多くのことを吸収してほしい。