【インド】アライバルビザが全く使えなくなった件(2018.12現在)

インド入国に際しては、あらかじめビザが必要である。

ただし、そのビザを事前に用意することなく、入国当日にビザ発給の手続きができる「アライバルビザ」という制度がある。

これは最近まで日本人限定の特権的制度(日本とインドの友好関係があってこそ)であったが、残念ながらそうではなくなってしまったのだ!

韓国人に対しても同様の制度が設けられたのである(なお、私は反韓ではない)。

そのため日本人だけであったときは、到着後、30分程度の手続きでビザ発給、入国ができたものの(アライバルビザの日本人利用も少なかった)、現在は2時間程度要する惨状となってしまった。


時間を要する原因は、

1.利用者が急増したものの、対応窓口は1か所。

2.ビザ発行手数料の決済手段がクレジットカードのみ。

3.入国審査官の不慣れ。


通常のビザやe-ビザの窓口は相当数あるものの、アライバルビザの窓口は1か所だけなのだ。そこに長蛇の列ができても、窓口が増えることはなく、空いている窓口の担当者は雑談をしている始末である。orz…

また、ビザ発給手数料が2,000ルピー(日本円で3,500円程度)だが、その支払い方法はクレジットカード(「VISA」または「Master」ブランドのみ)である。

地球の歩き方やインド入国に関する情報を発信しているブログでは、「2,000ルピー相当の現金でも大丈夫」との記載が見られるものの、2018.12現在は上記の通りクレジットカード決済のみである。

おまけに、その支払い対応はおじちゃん一人。

そのうえ、“支払いはクレジットカード決済のみ”、かつ“2ブランド限定”といった注意書きなどは一切ないため、待ちに待っていざ決済となった段階で上記ブランドを持っていない人は悲惨である。

そんなこともあり、ますます長蛇の列にも拍車がかかる。

と、ここまで書いても十分時間を要する状況になっているのだが。

さらに、入国審査官もアライバルビザ発給手続きが不慣れなのか、パソコンがすぐに落ちるのか不明だが、対応が遅い。ハンコをポン、ポンとは押してくれない。


上記を踏まえ、現状はアライバルビザは使えないものとmemoしておく。

次回、インド入国に際しては「e-ビザ」を利用することにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です