【映画】ララランド

懐かしくも、切ない記憶が甦ってくる映画だった。

あの時、あの瞬間。

人生は選択の連続だ。

そして過去には戻れない。

振り替えれば、良かった選択、間違った選択の数々だ。

映画ではすれ違う男女が描かれている。

お互いに夢は叶えるけれど、その時、二人はいないのだ。

なぜか。

運命の二文字だけで表現するのは残酷だし、簡略化しすぎ。

けれど、その二文字だけでなく、運命や奇跡、偶然といった類いの何かがありそうである。

映画の最後のシーンですべてがフラッシュバックする。

それらのシーンすべてを受け入れて、二人は新しい道を歩む。

冒頭、懐かしくも切ない、と書いたが、それとともに清々しさも感じた良い映画だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です