【東京】Gを征す。

やりました、Gを征しました。(〃・ω・〃)

ちなみに、ジャイアンツでも、ジャイアンでもありません(しつこい)。

今朝、朝食を作り終え(自炊ガンバってます)、食事も済まし、さぁ、食器を洗おうとシンクまわりを片づけていると、ピクピク(ゾワゾワ)、としているほぼ仮死状態のGがそこに!

「ワッ(小さな悲鳴)」と共に、キモくて震えが止まりません(どんだけ、苦手なんだと。orz)

昨晩、なんとなく見かけたときに散布した、アルコールスプレーと●●ファイターが効いたのだと、思います。

それにしても絵に描いたように、ひっくり返ってピクピクしてます。

思い出しても、ヤバい。震えが止まりません。

最後の止めを、遠方より照射し、完全に静止したのを確認し、ティッシュでくるんで、ポリ袋に葬り去りました。

初目撃から、数日。

途中、見失うこともありましたが、皆さまの応援でなんとかGを退治することができました。

このGが最初で、最後であって欲しいと願うばかりです。

ちなみに進入経路を考えてみました。

結論から書くと、有力説は引っ越しの荷物を搬入する際に紛れ込んでしまった。というもの。

シンクで見かけたときは、排水溝?と疑ったものですが、どう見ても隙間がありません(細かい編み目のため)。ネットでは排水溝から、といった記事もありましたが、当家では難しそうです。

また、エアコンや通気口といった「穴」や「隙間」というものも確認しましたが、以前お住まいだった人が対策したのか、粘土のような材質が塗布されており、それらがほぼ完全に塞がっておりました。

そして何より、何よりですよ。

前回、登場してもらった不動産屋(仲介・鍵管理)が「Gは出ませんよ、聞いたことありませんよ(きっぱり)」と言っていたではありませんか!

ということで、今回のアクシデントは引っ越し、という外部から荷物が運び込まれた際にまぎこまれたのだろう、という結論に達しました。

ということは、すなわち、「もう、家の中にはGがいない!」と考えられるのではないでしょうか(楽観)。

でも、「いません」と言われていたものが「いる」と、全然、安心できないんですよね。安心しようと確信もないまま、その材料を探しているのかもしれません。

もうしばらくは、警戒心、解けそうにありません。

ガンバろう、日本!

ガンバろう、自分!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です