【中華】龍朋のチャーハン

神楽坂を歩いていた。登り坂であった。素面ではなく、ほろ酔いであった。登りきろうしたところで、右側に下る坂の途中に多龍はあった。ひかれて足が進む。金曜日ながら満席である。客がすするように食べる、チャーハンが気になる。お店に入る。席にメニューはない。背中の壁一面に麺料理が向い壁一面にはご飯料理が、札と値段が掲げられている。

すかさず、チャーハン770円を頼む。スープが先に運ばれ、チャーハンもまもなく、運ばれきた。早さは、手際のよさと、上手さの証明だろう。れんげで食べる。

想像はしていたが、旨い。

スープの塩からさも呑んだ後には、身体にしみる。

刻んだチャーシューがれんげを止まらせない。

あっという間に完食である。

盛りがいいので残してしまう人もいるのだろうが、ご安心を。気さくな店員さんが手際よくお持ち帰りにしてくれる。

また、電話予約で持ち帰りもできるようだ。

お店は23時まで。

また再訪しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です